シミ 化粧品おすすめランキング

このページではシミを改善してくれる人気の化粧品について詳しく書いています。

 

 

シミを消したい!
シミに効く化粧品が知りたい!
人気のシミ化粧品が知りたい

 

という方の参考になれば幸いです。

 

 

シミ化粧品人気 1位 ビーグレン ホワイトケアの特徴

・365日返金保証
・たっぷり7日分トライアルセット
・ハイドロキノン配合化粧品
・ビーグレン独自の浸透テクノロジー
・医学会が認定

価格 6,422円
評価 評価5
備考 トライアルセット7日分1,800円
シミ化粧品人気 1位 ビーグレン ホワイトケアの総評

シミの漂白剤ともいわれるハイドロキノンを配合し、それが肌の奥まで届くように開発されている化粧品です。まずはその実力をトライアルセットでお試しできます。

 
 

シミ化粧品人気 2位 アンプルールの特徴

・新安定型ハイドロキノン配合
・次回1,000円割引券プレゼント
・皮膚専門家が開発した美白化粧品
・角質ケア石鹸プレゼント
・豪華6点セット
・ベストコスメ8冠

価格 6,500円
評価 評価5
備考 初回限定お試し価格1,890円
シミ化粧品人気 2位 アンプルールの総評

皮膚の専門家が開発した美白化粧品です。スポット集中美容液には新安定型ハイドロキノンが高濃度で配合され、寝ている間にメラニンにアタックしてくれます。

 
 

シミ化粧品人気 3位 シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)の特徴

医薬部外品
・薬用美白ジェル
・シミ、くすみ、しわ、たるみ、クマ、むくみに効果的
・オールインワン
・マッサージでリフトアップ効果も期待できる
・30日間返金保証付き

価格 3,795円
評価 評価5
備考 今だけミニボトルとマスクパック3枚プレゼント中 30日間返金保証付き
シミ化粧品人気 3位 シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)の総評

オールインワンジェルでマッサージしながら美白効果が期待できるジェルです。ハイドロキノンは配合されていませんが、美白有効成分が配合されています。口コミ評価が高く、私自身もシミが薄くなったことを体感しているジェルです。

 

シミに効果的な成分とは?!

厚生省が認めた美白成分には、アルブチンやトラネキサム酸などがありますが、こちらの成分はシミを予防する(チロシナーゼ活性阻害)成分でありできてしまったシミには効果がありません。では、シミを薄くする成分とは、肌の漂白剤といわれるハイドロキノンです。

 

漂白剤と聞くと怖くて使えなくなってしまいますが、販売されているハイドロキノン配合の化粧品は安全に使える基準の数値をしっかり守っているものばかりなので安心です。

 

実際に私も使ってみたところ、シミが薄くなっています。おすすめ順にランキングしていますので参考にしてみてください。

 

シミの種類

 

年齢を重ねるごとに気になるシミは、さまざまな種類があり、その数だけ原因があります。

 

老人性色素斑

シミと呼ばれる症状の多くは、この老人性色素斑です。原因は紫外線で、紫外線によって作られるメラニンが蓄積され、肌が黒くなってしまいます。通常であれば、肌のターンオーバーによって徐々に改善していくものですが、年齢を重ねるごとにターンオーバーの機能が低下していってしまうために、なかなか改善が難しくなっていきます。

 

炎症性色素沈着

ニキビや摩擦によって肌の中で炎症が起こってしまったことが原因です。茶色いしみのようになってしまうもので、こちらも正常なターンオーバーによってメラニンが排出されれば元の肌色に戻りますが、加齢などによってターンオーバーが乱れていたり、次々とニキビなどの炎症が起こってしまうと消えないシミとなって肌に残ってしまいます。

 

肝斑

肝班は30代から50代の女性に多く見られるシミで、女性ホルモンの影響が主な原因といわれています。特に妊娠中やピルを服用している人はできやすいので注意が必要です。摩擦や外部からの刺激、紫外線でも濃くなっていくので、一度できてしまったら適切なケアをすることが大切です。閉経とともに消えていくことがほとんどで、60代以降の女性には少ないシミといわれています。

 

雀卵斑

いわゆる「そばかす」といわれるもので、顔全体に小さな茶色いシミが点々とできます。ほとんどは遺伝といわれているので、子供の頃からあるという人が多いのが特徴です。大人になってから急にでき始めた場合は「老人性色素斑」と同じく、紫外線が影響しています。肌が白い人はできやすいので特に注意が必要です。

 

脂漏性角化症

肌表面にできる良性腫瘍で、別名「老人性イボ」と呼ばれています。紫外線や遺伝、老化によってでき、自然に消えていくということはありません。表面がザラザラしていて盛り上がっているのが特徴で、もし見つけたら悪性腫瘍(ガン)かどうかの判断をするためにも医師の診察を受けることをおすすめします。

 

このほかにも、光線性花弁状色素班や遅発性両側性太田母斑など、シミには多くの種類があり、自分でケアできるものから医師の診察を要するものまであります。

 

ご自分のシミの種類とその治療法を見つけるためにも、まずはどの種類のシミなのかを見極めることが必要です。

 

私が1番おすすめなのは1位のビーグレンホワイトケアです。

 

ここまで、シミ化粧品人気を紹介してきましたが、私が1番おすすめなのは、やっぱり1位のビーグレンのホワイトケア!

いろんな化粧品を使ってきたけどなかなか効果を実感できていない方がたどり着くのが、ビーグレンです。ビーグレンは肌の奥までハイドロキノンが届き悩みを解決してくれるテクノロジーで高評価です。

 

まずは、7日間のトライアルセットで自分のお肌で体感してみてください。ビーグレンは365日返金保証がついているので安心してお試しできます。